• TOP
  • 情報セキュリティ方針

SECURITY

株式会社生活リスク研究所(以下、当社と言う)は、ICT を利活用した保険サービスシステムの提供を主軸とした安全・安心の推進事業を展開しています。この事業を継続的・安定的に遂行するためには、事故、災害、犯罪等あらゆる脅威から情報資産を保護するための情報セキュリティの確保が重要となります。 このため、当社が保有するすべての情報資産の安全対策に関する基本的事項について、適切な保護と管理方針を明確に定め、当社業務に携わるすべての役員及び社員がこれを遵守することを情報セキュリティ基本方針(セキュリティポリシー)としてここに宣言します。

基本事項
1.本セキュリティポリシーは、当社における情報セキュリティ確保のための基本方針を取り纏めたものであり、当社はセキュリティポリシーに反する意思決定・行動は行いません。
情報資産
2.情報資産とは、情報と情報システム、ならびにこれらが適切に保護され、正当に機能するために必要な要件の総称です。当社は、情報資産に対する不正侵入、漏洩、改ざん、破壊等を未然に防止し情報資産の適正利用を維持するために人的、物理的、技術的なセキュリティ対策を講じます。
管理体制
3.取締役の中から選任した「情報セキュリティ統括責任者」のもと、各部門ごとに「セキュリティ管理者」を定め、全社的な情報セキュリティ管理体制を構築します。
従業員の参加と義務
4.情報資産の安全対策には、すべての役員および社員(派遣社員、協力会社社員も含む)が参加し、情報資産に関する法令等を遵守するとともに、セキュリティポリシーに準拠した手順に従いセキュリティの確保に努めます。
教育・啓蒙
5.当社は、役員および社員が情報セキュリティの重要性を認識するために必要な教育・啓蒙を実施し、情報セキュリティポリシーの周知徹底を図ります。

株式会社生活リスク研究所 代表取締役 柳保幸

↑